読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takenorikun’s diary

弟の自死 生きていた意味を求めて 

実家でご飯

何度か仏壇の前に行く。

遺影見ると悲しくなる。現実だと突きつけられて気分が落ち込みます。

 

何だろう。こんな悲しい気持ちは、二度と味わいたくない。

 

親の顔を見ると辛くなる。

 

一緒にいることだけしかできない。

 

また、今日も兄弟がいない、一人の淋しさを告げてしまった。

 

やっぱり、独りは淋しすぎる