takenorikun’s diary

弟の自死 生きていた意味を求めて 

息子の帰省

長男が帰ってきてくれた。

 

今日は、休みだったらしく来てくれました。

 

なんか、ほっとする。

 

父のところにもお見舞いにいってくれました。