takenorikun’s diary

弟の自死 生きていた意味を求めて 

摂食嚥下の研修

仕事関係のため研修に行ってきました。

 

仕事は気持ちが切り替えれる

現実逃避できる

自分の置かれてる状況から回避できる

事実から目を背けられる

 

 

しかし、家に帰ってくると、事実は変わらない。すぐに、夢ではない現実への世界に連れ戻される。

夢であってほしい。

しかし、そうはいかない。

 

弟に会いたい。