takenorikun’s diary

弟の自死 生きていた意味を求めて 

親の有り難さ

親って、やはり絶対的な味方です。

 

子供のこと、かわいくて仕方ないんだなとと愛情を感じられる。

 

そうやって、私達、育てられた。

 

だから、弟は子供のこと裏切れなかったんだなー。

 

こんな形でしか、表せなかったことは虚しくてしかたない。

疲れちゃったな…

しんどいな~

 

足がむくんでる。

 

なんか、身体が重いな~

 

ネガティブな言葉しか出てこない😵

夏休み

あっという間に終わっちゃったな~~…

 

疲れちゃったな~~…

 

会いたいな~~…

 

無理だよな~~…

 

でも、会いたいな~~…

 

一周忌

あっという間に一年を迎えました。

 

息子が言った。

 

「衝撃すぎて、短く感じる。なんで死んじゃったの?」と。まだ、あの日のことは、忘れられないと。長い一日だったと。

 

なんか、切ない。

 

こんな思いを若いのにさせてしまった😭

 

悲しくて仕方ない

兄弟

家の子二人は、仲良し。

 

微笑ましい🌟

 

羨ましい🌟

 

弟に会いたいよ🌟

弟の家

頑張って、お金貯めて、購入した自宅

 

売りに出ていました。

 

なんか、悲しい現実です。

 

ひどいなー。

 

情は全くないんだなー😢

もうすぐ、一年

気持ちがナーバスになる。

 

もうすぐ一年。

 

去年の今頃、こんなことあったなーとか、弟、こんなこと言ってたなーとか色々と思い出す。

 

理解してたつもりだけど、なんも分かってなかったかもしれない。

 

思い出すからかなー。

 

気持ちがすごく落ち込む🙍