読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takenorikun’s diary

弟の自死 生きていた意味を求めて 

子供の頃の思い出

今日、弟がお世話になった親戚の家に行きました。
弟の小さいときの思い出の話をしました。
わんぱくだった弟。私は対照的で大人しく静かな子供。
いとこのお兄さんと楽しく遊んでました。そして、相談もしたり、大人になっても何度か会って話していたらしい。
なんで?そんな社交的なら、抱え込まなくてもよかったのでは?と思えてしまう。
私は、姉として、もっと、こうすれば良かったとか、あん時、こうすれば良かったとか後悔ばかり😢

悲しいよ。お姉ちゃんは。こんなに心配してくれる人がいるのに。抱えて。どうみても、あなたのお嫁さんは非情的だよ。我慢ばかりしなくても、何か方法はあったと思うよ。


会いたいよ。お父さん、調子悪くなっちゃったよ。
お母さんも、毎日泣いてるよ。
私も立ち直れないよ😢
私一人で抱えきれないよ。
長男でしょ。


夢でも、なんでもいいから、言い訳の一つでもしてほしい。私の言うことは絶対で、口答えしないんでしょ。なんで、私一人に親のこと任せるの?

会いたいよ。